Auto CADとは

Auto CADはCADと名がついている通りにCADのソフトウェアのことであり、基本的にこれが一般のCADとして扱われているものとなります。
CADはコンピュータを用いて機械やら住宅やらの設計をするためものであり、それぞれの設計すべきものに応じた専用のものが用意されています。


設計にCADを使うことは様々な面でメリットがあるものであり、コンピュータで作成するので設計のコピーをすることができ、それを別の設計図へと流用して作業の短縮化を図ることができる。
コンピュータは計算が得意であり、その計算によって単純な寸法のミスを避けることができる。
コンピュータによって描写して設計から仮想の完成品を作ることができ、それによって細部まで確認できるとあります。


当然のことながらこのCADを覚えるためにAuto CADを使いこなせるようにならなくてはいけません。
先ほど書いたようにCADには様々な専用のものが用意されており、凡用で使えるものから、複数の目的に応じたものまであります。
実際に仕事で通用するようにするためには、相当な時間がかかりますが、一方で通用するようになれば、設計の需要はどこにでもあるため、就職の武器としては相当なものとなります。


しかし一方ででは覚えたらどのような仕事をすればいいか迷う方もいるでしょう。
Auto CADを覚えた後に考えられる道としては、その極めた設計の専門家として働くか、フリーとして仕事を受け持つかです。


<管理人推奨リンク>
サポートがしっかりしているので安心のAutoCAD互換性ソフトです …> AutoCAD 互換